1972 /s






b0226472_0224649.jpg

写真はやっぱり面白い。





KYOTO_FHOTO_AWARDに行ってきた 76名の出展者がいる結構ボリュームある写真展

いつもさらっとしか見ない俺が結構長い時間楽しめたから、ひとり一点の作品に対して

4つまで気に入った作品を投票できるってのは見応えあるし、いつも以上に真剣に見てしまう

とりあえず京都はよく行くけど展示場の場所がよくわかってなくて迷った迷った(笑)

とにかく着いた瞬間に思ったことは、「あ、いい雰囲気のギャラリーやなぁー」

まずは、全員の作品をさらっと見る。もちろん名前は見ないようにする。(あれって番号だけでええんじゃない?)

なにかしら感じる作品は少し足が止まる。

この時点で76作品?の中から7作品くらいまでが自分の中に残る。

とりあえず珈琲が飲みたくて隣のお店でゆったりとする。(これ絶対必要、集中力も高まる)

ギャラリーにまた戻って今度はじっくり作品を見てみる、はじめとは違って今度はなんの説明もない

ただ一点の写真から、なにかしら自分の感情を揺さぶられるかどうかじっと見てみる

そしてポートフォリオも見てみる。 会場にいたM君と話する。

彼にどの写真がいいか聞いてみた、彼が指さした2つの作品と俺がいいなと思ってた作品は同じである

もちろん知らない人が撮った作品である。

はっきり言うとしょーもない写真もたくさんある、上手い写真もたくさんある。

ただ感じる写真ってそんな簡単にはないですよね?だからそういう写真があったらすぐにわかる

そういう意味では、3人の作品が俺になにかしら感じさせてくれた。(そういう意味でも行ってよかった)

写真の不思議。俺も写真やってるけどフリッカーやブログでうける写真なんてそんなに難しくない

上手いなぁー、こんなん撮りたいなぁーって思ってもらえたらそれはそれでいいのである。

しかーっし、こういう写真展となるとただ上手いなぁーの写真はそこまで止まりになる

そこが面白いんやけどね、どんなに光をうまく扱っても綺麗なモデルさん使って上手に撮影できても

音や匂いや感情を感じさせないと響かないような気がする。

俺が撮った写真も、普段の何気ない朝にベッドの上で裸で布団と朝日に包まってるような彼女の写真があったら

そっちの方が感じるよなって思う。webなんかより、写真展で見てくれって思うもんな。

とにかく写真はやっぱり面白い!って感じた1日。 それだけでも京都に行って良かったな。

来年もあるなら、ぜひ参加したいね。 もちろん上手いだけの写真は出展しませんよ

ちゃんと感じる写真を応募致しまする。ドキッとするような写真をね。うしし。

つか、やっぱ俺は裸の写真が面白いねんけどな。(笑)  















Nikon FM2
[PR]
by goripon345 | 2011-10-05 00:50