1972 /s






b0226472_237450.jpg

shinya*

略歴 


写真展

「ゆるゆる写真部・十人十色」 2009

「Rai photo exhibition in Kobe 」2009 

「Portrait Exhibition Vol.04」 2011


雑誌掲載

「PHaT PHOTO」テラウチ3位/6位入選 2009年(3回応募して3回とも掲載)

「アサヒカメラ」入選

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とかなんとか書いてみた(笑)

こうしてまとめてみると、まじめに写真活動したのって2009年だけやなー

めんどくさがりな性格やから仕方ないない。

「PHaT PHOTO」に応募したのは、審査員が編集長のテラウチさんと毎回違う写真家2人が審査する

ってのに興味を持って応募した。 







2011年もあと3ヶ月ですか、月日が経つのは早いものでございます。

写真に関しては、グループ展に参加したのみとなった。

来年もなにかしら発表できたらええなぁー


てか写真やってんのか? それはそれで微妙だな。

写真てのはモチベーションなしには撮れたもんじゃない

webでも、どこかに刺激的な写真がないか探してる

まだ見たことない写真ブログなりHPなぞに巡り合ったら、そりゃー珈琲でも飲みながら鑑賞。

誰かおすすめな写真家さんいたら教えて下さいよ!

写真展にも行くようにしてる、なにかしらご褒美をもらえるからだ。(気持ちの部分やけど。。)

にしても、蚊に噛まれるより感じない写真の数が多いのが正直な話。

いやいや、それだけ写真てのはありふれてるし、奥深いものだったりするわけですよ。

もちろん男も女もそれぞれ異性に対して好みがあるように、写真にしても人それぞれ好みは別れる

ま、それがあるから写真を続けられるのもある。

答えがないものに魅力を感じるし、生き方によって写真も変化していく。

にしても、ここ最近は写真について誰かと語り合うなんてことなかったな。 よくモチベーション保てたもんだ。

もっと写真について本気で語れる人と知り合いたいのぅー、周囲には写真にまったく興味ございません。

な連中ばかりやからなー>< ま、それはそれで別の楽しみがあるからいいんやけど。

まだまだ俺には撮りたい写真があるのだ。
















Nikon D80
[PR]
by goripon345 | 2011-10-13 01:54